サンライズ箱根12月のできごと

サンライズ箱根クリスマス会&お餅つき

 当施設サンライズ箱根では、12月14日に利用者様の誕生会を兼ねて仙石原幼児学園の園児さんを迎えてのクリスマス会、28日にはお餅つきが行われました。

 クリスマス会では、園児さんたちが一生懸命にハンドベルを演奏する姿に利用者様も大変満足した様子で、開催して本当に良かったとスタッフ一同感じさせられました!また普段あまり聞かないハンドベルのきれいな音色に利用者様スタッフ共々癒され、行事の最後に利用者様に感想を聞くととても満足した様子で「ありがとう!」と話され行事は大成功の元終了しました。

 お餅つきでわ栄養科と患介護科で連携をとり、ノロウイルス等への感染対策をしっかりと立て、誤嚥事故に対する講習を受けたスタッフが対応し、何事もなく楽しい餅つきが開催できました!

 スタッフと利用者が協力してお餅をついたのですが、中にはスタッフ顔負けの力強い杵さばきでお餅をつき、場を盛り上げてくれたご利用者様もいらっしゃり、スタッフ一同驚きを隠せませんでした!つきあがったお餅を食べているご利用者様に感想を聞く「とてもおいしい!」や「食べるだけでなく実際につかせてもらってとても楽しかった」などの言葉をいただきこちらもクリスマス会同様に大成功を修めることができました。