箱根リハビリテーション病院

リハビリテーション科 教育・研修について

リハビリテーション科では、「より多くの人へ、より充実したリハビリテーション」を実現するため、定期的に院内研修を実施しています。

また、各専門分野の外部研修にも積極的に参加し、ここのスタッフの能力向上に努めています。

新人教育

プリセプター制度&セルフマネジメント制度を採用

◎プリセプター制度→先輩セラピストのマンツーマン指導

◎セルフマネジメント制度→プリセプター制度のみの弱点であるプリセプターとプリセプティの個人の関係に終始してしまうことなくチームで教育をおこなうセルフマネジメント制度も併せて採用 

リハビリテーション科全体で、一人ひとりを社会人、医療人、専門職として自立した人材育成を目指します。


・オリエンテーション(施設案内、業務指導、診療報酬説明など)

・担当教育係の臨床指導

・先輩セラピストの実施見学

・先輩セラピストが1回/月の症例検討会を実施(約1〜2時間)

・伝達講習会

2019年度新人職員採用実績

作業療法士 言語聴覚士 理学療法士
 2名 3名 2名 

2019年度新人教育オリエンテーション実績

4月1日(月)院長訓示・各部科長挨拶

      箱根キャンパス中期事業計画と取り組みについて

      各委員会説明(サービス向上員会・栄養委員会・災害対策委員会)

      トランスファー講義

4月2日(火)FIM講習会

      各委員会説明(医療安全管理対策委員会・感染対策員会・褥瘡委員会)

 4月3日(水)入職式 研精会人としての心得研修

4月4日(木) 地域包括ケアシステムについて

       職業倫理・資格所得・職種間交流について

       疾患別リハビリテーション料について

       回復期リハビリテーション病棟入院料について

       療養病棟入院基本料について

       介護医療院について

4月5日(金) 介護保険について・老健の役割・デンマークイン箱根の概要説明

       リスク管理について リハビリテーション科業務について

4月8日(月) リハビリテーション記録方法について 

       リハビリテーション科理念・目標について 

       レッドコードの使用方法

4月9日(火)  介助技法について  

4月10日(水) ICFについて 

       回復期リハビリテーション病棟協会セラピストマネジャーより講義

4月11日(木) 認知症患者への関わり方 組織運営

4月12日(金) 医療・介護のリハビリテーションの違いについて 

        リハビリテーションゴール設定について

        チームアプローチについて

5月16日(木)17日(金) 吸引について(講義と実技講習)

職員教育

院内研修会・専門職勉強会(不定期)

現役養成校教員の臨床指導実施(月2回)

外部研修会・学会等参加奨励(補助制度あり)

 

☆作業療法士☆

日本作業療法士協会および各県士会入会の方、「生活行為向上マネジメント」修了をキャリアパスとしてご用意しています.

2018年度は、作業療法士5名が、「生活行為向上マネジメント」を修了しています。

定期購入雑誌

・理学療法ジャーナル         医学書院

・理学療法              メディカルプレス

・作業療法ジャーナル         三輪書店

・journal of CLINICAL REHABILITATION 医歯薬出版株式会社

リハビリテーション科 2019年度外部研修参加実績(予定を含む)

・ボバース概念に基づくニューロリハビリテーションアプローチ リハテックリンクス

・基礎を固める!石井慎一郎先生が伝える治療テクニック~臨床で不可欠な治療と戦略的臨床推論 リハテックリンクス

・よくわかる失語症講習会 失語症演習研修会

 ・森岡周先生から学ぶニューロリハビリテーション6Daysコース リハテックリンクス

・平成31年度神奈川県言語聴覚士主催 地域リハビリテーション活動支援事業に資する人材育成のための研修会

・第26回神奈川県呼吸療法カンファレンス 一般社団法人神奈川呼吸療法研究会

・協会指定研修(関東) 日本理学療法士協会

・摂食・嚥下障害に対するリハビリテーション Medical MARKSTAR

・言語聴覚士が行なう高次脳機能障害者の社会復帰支援のあり方~自己の障害に対する気づき・関係者の理解促進~東京会場 株式会社gene

・完全側臥位法の理論と実践~新しい嚥下治療に乗り遅れないために~ 関西看護ケア研究会

・評価・治療の質を上げる脳画像の捉え方 神奈川県作業療法士会

・自立支援できていますか?地域における一歩先のリハビリテーション 神奈川県作業療法士会

・パニックにならない検査・データ読み解きのキホン 日本離床学会

・2019年度訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP1 

・第17回日本神経理学療法学会学術大会

・タックリハビリテーション支援システム2019年度ユーザー様向けセミナー

・地域リハビリテーション人材育成研修会介護予防偏 神奈川県作業療法士会

・第46回国際福祉機器展H.C.R2019

・嚥下障害患者へのチーム医療を成功させる方法~幅広い知識を持ちチーム牽引する力を養う~株式会社gene

・生活行為向上マネジメント研修会 神奈川県作業療法士会

・全職種対象2019年度通所リハビリテーション研修会 全老健

・明日から実践できる‼手指・手関節の評価と治療 進リハの集い

・ADL評価法FIM講習会 慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室

リハビリテーション科 平成30年度外部研修参加実績

・患者利用者の『主体性の再構築』をデザインする!!~意思決定支援のアプローチを多職種で考える~

・第53回理学療法学会研修大会in茨城2018

・感覚、知覚障害を伴う脳卒中片麻痺患者に対する神経リハビリテーションアプローチ~東京会場~

・明日から使える環境調整スキル 神奈川県作業療法士会

・日本離床学会第8回全国研修会・学術大会

・克服!頭頸部・体幹の評価と治療展開 2Daysコース

・中枢神経系疾患に対する上肢機能アプローチ

・日経ヘルスケア 徹底検証2018年度介護報酬改定 2025年を見据え生き残る介護事業経営

・高次脳機能障害を紐解くための脳画像

・一般社団法人日本高次脳機能障害学会 2018年夏期教育研修講座Aコース「失語症候とその対応」

・頚部聴診法の実際と病態別摂食嚥下リハビリテーション’18

・神奈川県総合リハビリテーション事業団 PT・OTのための土曜教室

・生活行為向上マネジメント教員および実習指導者向け研修 MTDLPを活用した臨床参加型実習の指導方法研修

・国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚士研修

・第24回神奈川嚥下研究会

・吉尾雅春先生が伝える脳卒中リハビリテーション5Daysコース

・ADL評価法FIM講習会 慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室

・言語聴覚士のための嚥下造影検査の見方~読影の基本と治療につなげる検査の考え方~

・吉尾雅春先生の寺子屋 小田原で学ぶ脳卒中患者のリハビリテーション

・神奈川県西地区リハビリ連絡協議会 第10回リハビリテーション症例報告会

・生活行為向上リハビリテーション研修 全老健

・タックリハビリテーション支援システム2018年度ユーザー様向けセミナー

・血液データ判読講座 日本離床研究会

・徹底理解!下肢に対する徒手理学療法~膝関節、足関節、足部コース~

・訪問リハビリテーション入門 株式会社gene

国立障害者リハビリテーションセンター学院 作業療法士研修

・第24回日耳鼻神奈川嚥下研修会

・高次脳機能障害の作業療法~明日から使える、治療につながる評価の実際~ 神奈川県作業療法士会

・言語聴覚士のための嚥下造影検査の見方~読影の基本と治療につなげる考え方 株式会社gene

・PT OT STのための演習で学ぶリハ栄養の基本 関西看護ケア研究会

・第22回関東嚥下訓練技術者講習会

・吉尾雅春先生の寺子屋 小田原で学ぶ脳卒中患者のリハビリテーション 神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会主催

・医療安全推進週間企画 医療安全対策講習会 全日本病院協会

・生活行為向上マネジメント研修会 神奈川県作業療法士会

・一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 管理者研修Ⅰ

・言語聴覚士のための嚥下障害エクササイズ&ストレッチ マスターセミナー‐嚥下障害の予防・改善を目指して‐ 株式会社gene

・第22回関東嚥下訓練技術者講習会 関東嚥下研究会

・初級 アクティビティインストラクター 高齢者アクティビティ開発センター

・日本作業療法士協会 臨床実習指導者研修 中級・上級 神奈川県

・平成30年度法改定から見る通所リハビリテーションの本来の役割と利用者様の生活を豊かにする生活法 株式会社gene

・第3回神奈川県訪問リハビリテーション学術集会

・神奈川県介護支援専門員実務研修

・回復期リハビリテーション病棟病棟協会第33回研究大会

・認知症研修会 行動リハビリテーション研究会

・運動器研修会 県西地区リハビリテーション連絡協議会


〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285

箱根リハビリテーション病院

TEL:0460-84-9111(代)FAX:0460-84-5312