箱根リハビリテーション病院

リハビリテーション科のご紹介

箱根リハビリテーション病院 リハビリテーション科のご紹介

350㎡を超える機能訓練室と、2室の言語療法室を有する、新しい箱根リハビリテーション病院。今まで培ってきたリハビリテーション技術を基に、脳血管疾患、運動器リハビリテーション共に、基準(1)の充実したリハビリテーションを提供します。

豊かな自然に囲まれ、静かで美しい国立公園箱根という恵まれた環境は心身共に優しく、また病院の周囲にはリハビリに適した遊歩道を通り、季節毎の箱根を楽しむ事も可能です。

当院リハビリテーションの紹介

脳血管疾患等リハビリテーション料(1)、運動器リハビリテーション料(1)、集団コミュニケーション料、摂食機能療法を実施しています。

医師の指示に基づき理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・医療相談員など多職種による総合的なリハビリテーションを実施して、患者様の早期の社会復帰を援助しています。

リハビリテーション科理念

・社会人として自覚を持ち、チームワークに基づき行動する

・医療専門職として質の向上に努める

・患者様と地域住民の方へ、時代に合ったリハビリテーションの提供及び展開を実践していく

理学療法(Physical Therapy:PT)

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

病気・けが・高齢など何らかの原因に起因する機能・形態障害に対して、評価に基づき運動療法をおこないます。寝返り・起き上がり・立ち上がり・歩行など基本的動作能力の改善を図り、日常生活活動(トイレに行く、食事をする、着がえる、お風呂に入るなど)の獲得、そして最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

「身体または精神に障害のある者、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助を行うこと」であり、作業療法の「作業活動」とは、日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。〔(社)日本作業療法士協会・定義〕

当院作業療法は特に、腕や指の運動機能訓練、トイレ・食事・更衣など実際場面での日常生活動作訓練、工芸・ゲーム・レクリエーションなどを取り入れながら応用的運動機能や認知.行為障害改善のための訓練、自助具の作成・選定などを行い、家庭や社会へ戻っても困ることがないよう実践的方法を見つける援助を行います。

言語聴覚療法(speech-Language-Hearing Therapy:ST)

脳卒中後のコミュニケーション障害である失語症・構音障害、聴覚障害、声や発音の障害などで言語・構音・音声に障害を持つ患者様の訓練を行います。

また、食事の摂食・嚥下障害には看護師とともに専門的に対応します。

加えて、言語聴覚士は高次脳機能障害への訓練にも積極的に取り組んでいます。

一般介護予防事業

一般介護予防事業とは、地域の人と人とのつながりを通じて自立支援の取り組みを支援し、いきいきと自分らしく、生きがいや役割を持って生活できる地域を目指す事業です。

当院では、平成29年6月より箱根町から本事業を委託しています。当院の作業療法士または理学療法士の指導による、箱根町各集会場で開催される体操教室の「にこにこ運動教室」と当院プールで開催される「水中運動教室」がおこなわれています。

【にこにこ運動教室】の様子

【水中運動教室】の様子


〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285

箱根リハビリテーション病院

TEL:0460-84-9111(代)FAX:0460-84-5312