箱根リハビリテーション病院

委員会活動について

カンファレンス風景

私たち職員は職場で患者様と共にそれぞれが笑顔を持って治療をおこなったり、治療を受けていただきたいと思っています。

そのために、病院で生じ得るインシデントやアクシデントを分析評価して事故発生防止および再発防止に努めます。

また、患者様やその御家族様からのご提案やご意見を頂いた上で、栄養や感染対策なども含めた各種の委員会で討論・検討を加え、その結果を職員全体が周知・理解をして、今後の私たちの医療に寄与できるような努力をしたいと考えております。

患者様とご家族の新しい未来のため、委員会活動を通じて病院職員一同努力を続けてまいります。

医療安全管理対策委員会

医療の質の向上と安全の確保を目的とし、委員会を設置。

インシデント、事故報告書を基にRCAを用いた原因の分析、対策の検討、実施に当たっては、全職員が共有し、医療事故発生の予防および再発に努める。2回以上/年の院内研修を実施。

感染対策委員会

スタンダードプリコーションの周知・徹底を基盤に、感染症および食中毒の予防と蔓延防止のため対策を検討する。2回以上/年の院内研修を実施。

褥瘡(じょくそう)委員会

褥瘡予防対策を効果的に推進するために褥瘡対策担当者を設置し委員会において審議する。

苦情対策委員会

苦情対策委員会は、当院における患者等の医療の安全その他に関する苦情・相談に迅速に対応することを目的とする。年1回患者様満足度調査施行。各セクションにてスローガンを掲げ接遇向上を図る。

研修委員会

専門職業人として時代の変化へ対応するため、主体的に学習を支援できるように、企画・実施・評価を行う。結果、より質の高いケアサービスが提供できる人材を育成する。

栄養委員会

病院給食をよりよく運営するために、給食に携わる栄養課だけでなく、各部門の理解と協力・助言が必要となる。

多職種部門から出席する栄養委員会メンバーが、給食について計画・調査・実施・改善などを話し合い、患者給食の内容をより安全でより充実させるためのものである。

当院は特に食事摂取機能、嚥下機能に配慮した食事を提供し、安心して入院していただけるよう食事環境に努める。

行事委員会

各種行事を開催することで,患者様が箱根の大自然と四季の移り変わりを満喫でき,充実した入院生活がおくれるように支援することを目的とする。

災害対策委員会

箱根リハビリテーション病院およびサンライズ箱根における,あらゆる災害に対応するための検討を行ない,備品類の準備やマニュアルの作成・見直し又従業員への周知等を実施していくことを目的とする。

安全衛生委員会

箱根リハビリテーション病院およびサンライズ箱根の職員(以下「職員」という)の職場における安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を推進するため、労働安全衛生法その他の法令に定めがあるもののほか、職員の安全及び衛生の管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

看護部記録委員会

看護部記録委員会は、看護記録及び看護記録を行うに当たり関わる院内で取り扱う記録様式において検討し、実践されている看護ケアが「みえる化」できるよう改善する。


〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285

箱根リハビリテーション病院

TEL:0460-84-9111(代)FAX:0460-84-5312